コーポラティブ・ラボ

【設立の経緯】

くらしと協同の研究所において当時、福井県立大学(現摂南大学)の北川太一教授を座長として発足した「食の懇話会」(活動期間:2008年~2014年)において活動を行い、研究の親交を得たメンバーを基盤として、くらしと協同の研究所に関わる若手研究者の交流を目的に、2017年1月から「くらしと協同の研究所・若手集会」を実施。同年12月から名称を「コーポラティブ・ラボ」として、研究活動を行っています。


【活動の主旨と目的】

既存の協同組合をはじめ、倫理的消費やソーシャルビジネス、コミュニテイビジネスなど協同組合の研究に関連する取組みを研究対象とする若手研究者は多数いますが、研究交流等を行う機会は多くはありません。そこで、研究交流や発信等を行える場として、くらしと協同の研究所を拠点に、協同組合および協同組合とつながりのある研究等に関心のある若手会員を主体としたメンバーで活動を行っています。
コーポラティブ・ラボでは、若手研究者が集う場をつくり、情報交換・発信の機会を積み重ねていくことで、研究の継承・深化、ネットワーク・アクセスづくり、新たな研究成果の発信等を行っていくことを目的としています。

コーポラティブ・ラボメンバー(2022年4月現在、五十音順)

氏名 所属 研究分野
青木 美紗奈良女子大学 生活環境学部食料・農業経済学、協同組合論
岩橋 涼名古屋文理大学 健康生活学部食農地理学、協同組合論
上野 秀剛奈良工業高等専門学校 情報工学科ソフトウェア工学、システム設計
小田巻 友子立命館大学 経済学部社会政策、医療福祉生協、スウェーデンの親協同組合
加賀美 太記阪南大学 流通学部マーケティング、流通
片上 敏喜日本大学 生物資源科学部地域と食文化、6次産業化、持続可能な観光
下門 直人京都橘大学 経営学部マーケティング、流通、アジア経営論
竹野 豊京都大学大学院 経済学研究科マーケティング、流通、サービス論
長島 洋介ラボラトリオ株式会社高齢化社会と地域協働
則藤 孝志福島大学 食農学類フードシステムと地域経済
御手洗 悠紀京都大学大学院 農学研究科 博士後期課程有機農業史
浮網 佳苗日本学術振興会 特別研究員
(PD・神戸市外国語大学)
近現代イギリス史(生協史)
山野 薫近畿大学 生物理工学部農業経営学、フードシステム論、消費者行動論