カテゴリー:開催告知の最近の記事

 第18回生協組合員理事トップセミナーを12/10(土)~11(日)、コープイン京都にて開催します。

組合員理事が組合員理事のために、研究者と一緒につくるセミナーです。

多彩な生協の参加と少人数・双方向の学びが特徴です。

1日目は、「生協の未来を創造するために、私たち組合員理事が、考え、できるjこと―ドラッカーの自己評価手法を使って―」(講師:若林靖永氏)をテーマに、ワークショップに取り組みます。

2日目は、4つの専門テーマを設け、それぞれの問題意識に沿って学びます。

加賀美塾「グローバル化と地域経済―事業者としての協同組合の役割」(加賀美太記氏)

青木塾「食卓と農の現場をつなぐ、生協らしい取り組みとは」(青木美紗氏)

高山塾「医療・社会保障改革がくらしに及ぼす影響とは」(高山一夫氏)

杉本塾「生協は『消費者主権』を目指すべきなのか?」(杉本貴志氏)


終了後のお楽しみは、同志社のフレンチのあと、メインは相国寺の特別拝観、最後にお茶席を堪能します。


申込み締め切りは、10月28日です。みなさまのご参加をお待ちしております。

詳細は、下記案内をご覧ください。

第18回トップセミナー案内

第18回OP「相国寺」案内

第18回セミナー申込書


来る、9月24日(土)13:30~同志社大学を会場に、「TPPの問題を考えるシンポジウム」を開催します。

元農林水産大臣の山田正彦氏より「TPP条約全文解明であきらかになった協定の内容とは?」をテーマに講演いただきます。

それを受けて、パネルディスカッションを行ない、各分野の専門家がくらしの視点からTPPを解き明かします。

日程:9月24日(土)13:30~17:00

会場:同志社大学良心館302号室

内容:<講演>山田正彦氏(元農林水産大臣)

<パネルディスカッション>パネリスト=石原洋介氏(三重短期大学教授)食の安全の視点から/高山一夫氏(京都橘大学教授)医療の視点から/岡田知弘氏(京都大学大学院教授)地方自治の視点から/コーディネーター=小池恒男氏(滋賀県立大学名誉教授)

参加費:500円(会員・非会員とも)

定員:100名

申込み:9/20(火)までに、氏名・所属・役職・連絡先を、FAX(075-211-5037)かTEL(075-256-3335)でご連絡ください。

主催:くらしと協同の研究所

みなさまのご参加を心よりお待ちしています。


  11/21(土)公開講座を開催します。

TPP協定で食の安全はどうなる」をテーマに、小池恒男氏(滋賀県立大学名誉教授)から問題提起をいただき、石原洋介氏(三重短期大学教授)から基調講演をいただきます。

食料の海外依存の加速によって、食品添加物、栄養成長剤、残留農薬、ポストハーベスト、BSE牛肉、遺伝子組み換え食品の表示等々をめぐって食の安全性への不安が高まっています「TTP協定で食の安全はどうなる?」ともかく学んでみましょう。

参加費は、研究所会員200円、非会員500円(当日支払)です。

詳しくはご案内をご覧いただき、申込書にご記入の上、11/15までにFAXかメールでお申し込みください。

いろんなお立場やご経験の方がお集まりいただければ幸いです。みなさまのご参加をお待ちしています。


TPP協定で食の安全は守れるか」案内・申込書(Word)




10/24(土)第1回研究会委員会を開催します。研究委員の方は、お送りしているご案内をご確認の上、出欠ご連絡をよろしくお願いいたします。


[日程]2015年6月27(土)~28(日)

[会場]コープイン京都

[テーマ]「超高齢社会における暮らしとまちづくりへの多様な接近―『地域包括ケア』と生活協同組合―」

第23回総会記念シンポジウム案内.pdf

申込書(ワード文章)


より多くの市民の方にご参加いただきたいので、非会員も参加費無料になりました。

11/15(土)13:30~16:30、「再生可能エネルギーと協同組合」をテーマに、せいきょう会館におきまして、シンポジウムを開催します。

東京電力福島第一原発の過酷事故は、国民の安全安心な暮らしには脱原発と再生可能エネルギーによるふるさと再生が求められている事を明らかにしています。現政権は、エネルギー政策を根本的に転換するどころか、原発輸出・原発再稼働に躍起の有様です。草の根からのエネルギー政策転換が求められています。

 くらしと協同の研究所は、全国で始まっている再生可能エネルギーによるまちおこしに協同組合がどう参画できるのか、すべきなのかをめぐる論議を遅まきながら開始したいと考えます。

案内と申込書は、9/26に発送いたします。

みなさまのご参加お待ちしております。







 

10/2(木)14:00~17:00、尾崎芳治「経済思想史サロン」を開催します。

今回が最終回となりますので、「公開講座」として開催します。

当研究会以外の方でも、ご関心がおありの方は、この機会にぜひご参加ください。


日程:10月2日(木)14:00~17:00

会場:せいきょう会館4階第1会議室

テーマ:異文化交流の堆積としての世界史―尾崎世界史論で現代を紐解く(仮題)

講師:尾崎芳治氏(京都大学名誉教授)

第16回生協組合員理事トップセミナーを次のように開催します。

日程:12/13(土)~14(日)

会場:コープイン京都

テーマ:「協同組合は何のために存在するのか~安心して暮らせる地域や社会をめざして」

生協の組合員理事が組合員理事のために、研究者と一緒につくるセミナーです。

詳しくはこちらの「第16回生協組合員理事トップセミナーのご案内」をご覧いただき、10/31までにお申し込みください。

こちらの申込書をFAXかメールでお送りください。

終了後のお楽しみ、オプショナルツアーは、世界遺産の東寺の特別拝観です。

全国の組合員理事の皆さま、ご参加を心よりお待ちしています。


「第16回生協組合員理事トップセミナーのご案内(PDF)

オプショナルツアーご案内「東寺」(PDF)

11/6(木)「子ども・子育て支援新制度で利用者ニーズをどう具体化するか―日本の現状と諸外国の動向から―」をテーマに、生協総合研究所第4回公開研究会を、くらしと協同の研究所共催で開催します。

日程:11月16日(木)13:30~16:30

会場:キャンパスプラザ京都4F第4講義室(京都駅前)

参加費:無料

協賛:日本コープ共催生協連

10月30日(木)1330~16:30、明治大学において、同テーマで開催されます。

申込方法等、詳細は、こちらをご覧ください。

なお、下記案内には、非会員は有料になっていますが、無料にさせていただきます。

案内申込書(ワード文章)

公益財団法人生協総合研究所 2014年度第3回・4回公開研究会のご案内



 10/18(土)13:30~17:00、せいきょう会館におきまして、第1回研究委員会を開催します。

2014年度方針の進捗状況、第22回総会記念シンポジウムの振り返り、新しく発足した基幹研究会の報告等をふまえ、積極的な意見交換を行ないたいと考えます。

研究委員の皆さまは、郵送しました詳細案内をご覧いただき、10/4(金)までに出欠のご連絡をお願いします。